日本の政治・桃色ニュースについて、安倍晋三が視線を移した

日本の政治・桃色ニュースについて、安倍晋三が視線を移した




               タグ:ブランド靴コピー 米山隆一 福田淳一 安倍晋三



最近、日本人の注目点はもう学園問題や森友学園問題ではない。彼らは新たなクライマックスを持ち、2人の政治家からの桃色事件。さすが桃色事件の敷居が低く、大物の毛皮の上着の下の「小」を簡単に搾り出すことができるのは、誰もが二句、大胆に代入することができる。

「キスしてください」「さあ、胸を触ってください」「一緒に脱線しましょう」。あなたは想像する勇気がありますか?日本の財務省高官の福田淳一とテレビ朝日の女性記者との会話である。福田淳一さんは、今年58歳で東京大学法学部を卒業し、1982年に大蔵省と呼ばれる財務省の仕事に入り、上司の娘を嫁にし、財務省に重要な職位を歴任した。嫌がらせされた女性記者は、恥ずかしい思いをしながら声をかけた。そして、福田淳一さんに嫌がらせした女性記者たちが、日本の週刊誌に大ヒットした。

騒然とされた女性記者によると、「取材のためにレストランに行くことを約束しました。まだ料理を始めていないので、突然抱きついてくれて、私を好きになって、寝たいと言っていました。彼はあの老男の味がとても気持ち悪いです」と話していました。ある日本の有名な紙メディアの女性記者も週刊誌に「彼氏がいないかと聞いた。付き合ったばかりの1年以上、彼氏は電通(日本の有名な広告会社)」と言った。彼は私の性生活の頻度について聞いてみたが、電通の男は夜遅くまで寝てくれたと言っていた。あるテレビ局の女性記者も明らかにした。「彼はいつも夜中に電話をしてくれた。何人かと関係があって、何人か前の彼氏がいるのか」

福田淳一本人は、自然と死にも性を認めずに騒然としていた。「レコーディングは聞いてみました。にぎやかなお店で録音したような気がしますが、この記者とはそんなところには行ったことがないようです。」


ルイヴィトン靴コピー | ルブタン靴コピー通販プラダ靴コピー


しかし、福田氏の就任を要職に任命した麻生太郎財務省の麻生太郎氏は、「うん、聞いてみても福田さんの声だと思う」と、録音を聞いた。しかし、彼は福田淳一に口頭をつけただけで、何の処分も出さなかった。

「俺みたいな男、誰が本気で好きなの?」だから、お金を使って愛されている感じを買うことしかできません。想像できますか。そんな悲情の告白は、日本の正部級の幹部、米山隆一知事から来た。

今年51歳の米山隆一はエリートだった。大学入試は1000点満点で、彼は960点の良い成績で東京大学医学部に合格し、さらに大一を読んでいると、理科の天才がどうやって東大に合格するかの準備ガイドを出版した。1992年に医師免許を受けた後、放射線医学総合研究所で3年間働いていたが、その後またアメリカに行ってハーバード大学付属病院に就職した。仕事中は独学で弁護士の免許を取って、2003年に東京大学の医学博士の学位を取得しました。

医師、弁護士という二大免許を持っていた米山隆一さんは、2005年に政界に進出し、2011年に弁護士として医療事故を起こした訴訟事件で、2016年に無党派として、新洋知事に選ばれました。

しかし最近では、この輝かしい生涯を送るべき「県太じいちゃん」が、日本の週刊誌に爆発し、毎月有名な私立大学の女子学生と交際していて、1回の費用は3万円だった。女子生徒によると、自分は交友サイトを通じて知り合った米山隆一で、金持ちだと感じたが、自分は米山隆一の唯一の援交対象ではないという。その後、この女子学生はまた自分の彼氏を案内してくれて……。つまり、今まで未婚の米山隆一が、援交時に仙人になったという。彼に同情し始めた。

米山隆一は現在、新たな新潟県知事選が今年6月に始まった。

安倍晋三首相は、福田淳一と米山隆一に感謝し、世論の焦点と政党の攻撃の対象を逆転させることに成功した。


作権は著者所有に帰する。商業の転載は作者に連絡して許可を獲得して下さい、商業の転載ではありません。 来源:ブランド靴コピー . Powered by:http://www.boozill.ru


Rss Feed:


この記事へのコメント