jesess小澤は好奇心があって、日本は本当に「移民時代」を迎えましたか?

jesess小澤は好奇心があって、日本は本当に「移民時代」を迎えましたか?



ラベル:日本、ステルス移民国       分類:ブランド靴コピー



最近、Jesess小澤ブランド靴コピー通販さんは、BSTBSテレビの外国人記者の対談番組で、日本は「ステルス移民国」と指摘した。しばらくして、この言葉は日本の有名な「東洋経済」雑誌の新1期のテーマになった。

外国の優秀な人材の力を借りて日本の技術の創業力を高めるために、日本の産業国際競争力を強化するために、近年、日本は外国人留学生、外国人の在留資格を緩和し、かつ、日本に住む外国人に優遇され、多くの文化を尊重するための活力を与えている。共生社会。

例えば、日本の超党派国会議員連盟、日本語教育推進議員連盟が、「日本語教育推進基本法」という新しい法案を国会に提出し、国と地方政府との共同協力を強く求め、外国人向けの日本語教育の義務化を強要しています。同議員連盟は、外国人の日本語能力を無料で高め、多くの外国人が日本社会に溶け込んで摩擦を減らすのに役立つと考えている。「すべての人に日本語教育を受ける機会がある。これは国家と政府の責任と義務である」。

同草案には、外国国籍の児童、外国国籍の在日労働者、外国技能実習生、外国人難民などを含む日本語教育の普及義務が普及している。日本語教育の品質を保証するために、「日本語教育推進基本法」は、政府が特別な予算を引き出し、日本語教師、統一教育コース、専門チームの教材開発などの内容を育成し、外国人が日本で高品質な日本語を学ぶことができるようにする。

人口減少の問題を解決するためには、地方経済を活発にし、日本の各地の地方都市でも頻繁に招集を始め、留学生のために卒業後に仕事の環境や職場を残すことができるだけでなく、外国人のために起業する機会を提供することができる。たとえば愛知県、福岡県をはじめとする日本国家戦略特区は、外国人に半年から1年の「起業準備ビザ」を与え始めた。

日本政府が打ち出した諸政策は大きく見えるが、実行すると様々な現実の難題に直面している。日本にはまだ公式の「移民手続き窓口」はありません。そのために、日本に投資して創業した外国人の優秀な人材は、行政書士、税理士、社会労務士などの行政部門と交際しなければなりません。会社では、実際に日本が空挺されてから、自分で落札しなければならないことに気づきました。

このような乱象については、日本愛知県名古屋市に本社を置く株式会社パートラーHDの代表寺寺田さんに取材した。パner HDは、最近の1年間ですでにかなりの数の中国人が日本に行って創業して移住したということです。

寺田さんは、今、日本に投資して創業した中国人の主な問題は、その土地の商業習慣ややり方を知らず、また言葉の壁に加えて、会社が成立してからの行政部門との手続きができなくなり、経営が赤字や停滞などを起こしています。また、企業の代表は日本で会社を設立したが、短期の観光ビザだけでは日本では合法的に会社の口座を作ることができず、中国国内の従業員に日本のビザを申請する資格もない。したがって、パートカーHDのような統合税理士、社会労務士、行政書士など、複数のサービスが必要となる。

日本の創業移住事例が最も多い会社の代表を業界として接し、寺田さんは「日本は現在、就業者が不足しているだけでなく、日本市場に資金を入れている中国の企業家には欠かせない」と分析している。このため、日本政府は外国人投資を東京、大阪、名古屋などに定着した。米中貿易戦が始まったため、多くの中国企業家は、お金を手に残したほうがいいと思っていた。日本政府の奨励政策も中国国内の投資の行方を見るにしても、日本の移住の傾向は長く続いて、少なくとも2020年の東京オリンピックの後の5年から10年の間になると思う。

「移民時代」を迎える日本がまず解決しなければならない問題なのかもしれない。

商業の転載は作者に連絡して許可を獲得して下さい、商業の転載ではありません。 来源.http://www.boozill.ru

トッズ靴コピー通販 | シャネル靴コピー通販アルマーニ靴コピーコピーヴェルサーチ靴コピーコピー━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ブランドコピー靴 2018-07-05

www.boozill.ru/newarrival_2018-07-04.html

2018雑誌掲載ブランド靴コピーN級品,一流の完壁な品質維持

ブランド靴コピー通販2018人気特集!

www.boozill.ru/

全品人気を多数取り揃え!ブランドコピー靴全品送料無料!

                           Ads by Yahoo! JAPAN


 ------ 

Rss Feed:

この記事へのコメント