気持ち散文のこれ:【風が過ぎて、東京都には痕跡がありません。】

気持ち散文のこれ:【風が過ぎて、東京都には痕跡がありません。】


ディオール靴コピー|ルイヴィトン靴コピー|ルブタン靴コピー

東京都で知り合ったら。この言葉は記憶に深く残っています。忘れたことは一度もありません。

自分は東京都を追憶しているのかそれとも東京都を残念に思っているのかさえ分かりません。

私は自分の世界を守っています。窓の外の太陽を見ています。茫然とした錯覚があります。楽しみが見つからず、希望が見つからない。

あれらの若い昔の事、時間の炎の中でついに燃えて灰になります。私はもう二度と生まれ変わることができません。

缲り返しのはひと言を言って、缲り返しのは1件の事をして、缲り返しの执着と懐かしみ、孤独で寂しい気持ちをも缲り返しています。

漂泊の時,過去を封じ込めた。東京都という都市を振り返る勇気がない時があります。その痛みはどれほど深く、感情はどのぐらい曲折していますか?

あなたはもう私を忘れました。ある日、鏡に向かって自分にこう言いました。涙が落ちました。

実は、私はずっと認められないだけです。私はあなたを通りました。あなたを逃しました。そこで幸せはありません。

東京都を離れる日には、水のように静かに暮らしています。

ただ覚えていても忘れても、私達はそれぞれの時間の中でうなずいて、二度と交差することがありません。

住所のない手紙は手を振って別れを告げる。

もし私たちが会ったことがないなら。東京都の街のあの初秋の日、あなたの淡泊な影はただ無数の見落としの中の一つです。

その花火の集まりはありません。その柔らかな笑顔はなかった。あなたの頑固さがなくて、私の無邪気さ。

私はまだ私です。あなたはまだあなたです。それぞれの世界で、私たちは微笑み、踊ります。独りぼっちで死んだことがない。

もし、命がやり直せるなら。あなたとの出会い、そしてこれからの山幅の痛みを選び続けますか?


作権は著者所有に帰する。商業の転載は作者に連絡して許可を獲得して下さい、商業の転載ではありません。 来源:ブランドコピー靴 2019-06-13最新入荷

この記事へのコメント